おしゃれで住み良い分譲住宅特集~名古屋編

HOME > 名古屋の分譲住宅情報 > 名古屋で分譲住宅を購入する時の3つのコツ

名古屋で分譲住宅を購入する時の3つのコツ

 名古屋で分譲住宅を購入する時は、3つのことを考慮に入れましょう。まず大切なことは、その住宅の利便性です。できるだけ交通の便の良いところにある住宅を購入します。交通の便が良ければ、通勤がしやすくなります。お子さんをお持ちの方だったら、通学も容易になります。さらに買い物に行く時や病院に行く時も不自由を感じないでしょう。この種の住宅はおおむね便利なところに建てられますが、業者ごとに土地は異なっています。駅から近いところに建てられた住宅を選びましょう。電車の通っていないところだったら、バス停が近くにあるところを選びます。交通の便の良いところだったら、将来的にその住宅の価値が上がる可能性があり、資産価値の高い家に住むことができます。介護施設に入るために家を売却することもあります。そんな時は資産価値の高い家が有利になります。

 次に大切なポイントは、住宅の広さです。家族4人だったら、およそ27坪が適当だと言われています。部屋の数は4部屋が住みやすいです。これはあくまで目安で、厳密なものではありません。しかし、あまり狭すぎると家だと窮屈に感じるので注意しましょう。年頃の子供さんを持っている方なら、もう少し広めの家が好ましいです。自分の部屋を持ちたがるので、それを考慮に入れて家を選びましょう。分譲住宅の場合は、自分の希望する広さに合う家を見つけるのが難しいこともあります。その場合は粘り強く探す必要があります。家を購入した後で、増築することもできますが、それは容易なことではありません。このタイプの住宅は、土地がやや狭いこともあるので家を広げるのが困難になることがあります。家の広さには注意して住宅を選びましょう。

 3番目のポイントは、災害に強い家を選ぶことです。火事や地震はいつ起こるか分からないので、細心の注意を払う必要があります。特に地震に対する備えは必要で、まず地盤がしっかりしたところに建っている家を選びましょう。現在はいくつかの材料を使って、地盤を補強することができます。そのような工事が施してある住宅が好ましいです。次に大切なことは、家の作りです。木造の家よりは、鉄筋コンクリートの家の方が地震や火事に強いです。鉄筋コンクリートの家は高いですが、高いお金を出して買う価値があります。コンクリートを鉄筋で補強して作るので、大きな地震が起きた時に家が倒壊することは少ないです。火事の時も転勤とコンクリートの二つの材料が使ってあるので、燃えにくくなっています。可能な限り鉄筋コンクリートの家を選びましょう。